老眼鏡を買った(テスト投稿5)

体の中で目(視力)がいいことだけには自信があったが、視力がいい人は老眼になるのが早い、と言われるようになったのはどれくらい前か。まだそんな兆しもないですよ問題ないっす~と思っていたが、あるとき気付くと、近くのものを見るのが少し辛くなってきた。

かかりつけの眼科(ドライアイ気味なのと、瞳孔が普通より大きいだか何だかで「ひょっとしたら緑内障になるかもよ」と健康診断で毎度脅されるので、ときどき眼科に通っている)で視力を測ってもらっても問題ないと言われるが、実は大人の階段上っちゃったみたいで~と話すと、老眼は視力検査の結果時代には影響を与えず、近くのものを見るときのピント調整能力の問題だという。詳しい説明は忘れた。

そんなこんなで、50手前にして老眼鏡を買うことになった。老眼鏡には2タイプあり、レンズ全体に度が入っているものと、レンズの下の方にだけ度があるものがあるらしい。老眼の影響があるのは主に手元の作業であるから、下側にだけ度があるのは合理的なんだそうだ。

眼科の人は「どうせ数年経ったら買い替えないといけないですから、とりあえずは安いものにしておきましょうか」とか、おそらくはフォローのつもりで提案してくれたが、それは要するに症状が進むからってことでしょ? と思うと気が滅入る。

そんなこんなで老眼鏡を買ったのだが、日常ではほとんど使っていない。PCやスマホの画面から、近くてもほぼ問題ないんですよね。発光しているからか? 本を読むときなどに、疲れを感じるとたまに使っている。目がしんどくて仕事ができない、となると困ることもあるので、現状では保険として持ってる、という感じなっている。

老眼鏡を使い始めて、初めて知ったことがある。

ドラマなどで、メガネをした初老の紳士が誰かと話すときにメガネちょっと上げたりするシーンがある。なんで相手を見るときにメガネを外すんだろう? ご疑問に思っていたのだが、老眼鏡だと、手元の作業には必要だが、話し相手を見るときには外したほうがよく見える、というか外さないと見づらい。

なるほど、年をとってみて初めてわかることもあるもんだ。